月食は見逃したけど。

電車の発車時刻まであと8分。

急ぎ足で図書館から駅に向かう途中
駅の屋根のすぐ上に出ている月に誘われ
足を止める。

こういう日に限ってカメラを持っていなくて
それでも目の前の景色を持って帰りたくて
携帯電話を夜空に向けた。

画像


ちょっと手を伸ばせば届きそうな月を見ながら

「ああ,そうか。
 あの場所が満月なら
 ここだって満月なんだ…。」

と,ここではない遠い所に浮かぶ月を思い出し
あと5分になってしまった発車時刻までの残り時間を気にしつつ
再び歩き出した。



(この記事はトラク場第12回「『月』に思いを馳せること」参加記事です。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

み・くり
2006年09月08日 23:23
お昼頃、夜明け前の満月を
ダウンロードしました。
暗くて画像が悪いですが、
なんだかどうしても
とっておきたかったのです。
そして、夜になって、
今日は満月なのよね、と
曇った空を見上げました。

あの場所に出ている月のことを
考えているのは、
私だけではなかったのですね。
うみ
2006年09月08日 23:43
同じことを考えていたのデスネ。(^-^)

私も日本の朝から昼にかけての時間帯で
3枚保存しマシタ☆
その後も出かけた先で,時間があるたびに
携帯電話でちまちまと
チェックしてしまったり…。
み・くり
2006年09月11日 21:58
同じこと、考えていたヒト、
あちらにもいました。
月食の画像、アップしてあります♪
うみ
2006年09月12日 00:40
早速見せていただきました!
なんだか嬉しくて
自分の書きかけのブログを放り出して
数分おきにみ・くりさんのブログを
開いておりマシタ。

始めの方を読みながら
トラックバックを送ろうかと思ったのですが
記事の途中に私が登場しているらしい
ということに気づいた時点で遠慮シマシタ。(笑)

この記事へのトラックバック